トイレのつまり関連情報

HOMEトイレの仕組みについて

最終更新日:2017/11/20

トイレの仕組みについて

男女の記号

トイレがつまると本当に焦ってしまいますが、トイレの仕組みについての知識を頭に入れておけば、パニックにならずに冷静対処することができます。トイレの仕組みというと、なんだかとても難しい印象を持ってしまいがちですが、その仕組みは意外と単純です。トイレはタンクと便器によって構成され、さらにタンク内はいくつかの部品によって構成されています。そして、それぞれの部品が故障を起こさずにきちんと働いていれば、機械そのものが原因でトイレのつまりなどのトラブルが起こる可能性は低いと考えられます。最近では日本古来の和式トイレはかなり減っており、ご家庭や職場、駅などのトイレの大半は洋式トイレとなっていますので、今回は現在主流となっている洋式トイレの仕組みとつまりの原因についてご紹介します。洋式トイレは、タンクと便器から成り、タンクになんらかの不具合が生じると水流が弱り、つまりが起こることがあります。つまり、トイレのつまりは圧力と関連付けられるということです。それではここで、トイレのつまりと圧力の関係について、もう少し詳しくご紹介しましょう。排泄物は、タンクから流れ出る水流によって洗浄されますが、タンク内部の水圧を調節する「フロート弁」という部分の機能が弱ると必然的に水流が弱くなり、これがトイレのつまりの原因になることがあります。トイレのつまりは圧力が原因かもと思ったら、フロート弁の働きが弱って水流が弱まっている可能性が考えられますので、この場合では、フロート弁そのものを交換することにより、問題を解決することができます。また、タンク内の水が止まらなくなるトラブルが発生することがありますが、これはタンク内に水を運ぶ役割を果たすバルブ部分が緩んでいる可能性が考えられ、この状態を放置しているとタンク内から水が溢れ出し、トイレが水浸しになる原因となります。この状態が起こったのであれば、一旦止水栓を閉めて水の流れを止めた上で、専門業者に依頼してタンク内の部品交換を行う必要があります。止水栓はタンクの外部に設置されていますが、止水栓の位置がわからない、あるいは止水栓をうまく閉められないという場合には、とりあえず専門業者に連絡して早急に対応しておきましょう。トイレのタンク内の部品はホームセンターなどで販売されていますが、ご自身による交換が難しい場合もありますので、まずは業者に依頼してしまうというのが最も賢い方法です。

一覧はこちら

トイレのつまりランキング

TOP